なぜ下がる株価を1日前に知ることができるのか?

bank-trader

あなたはこれから下がる株を一日前に知ることができたらどんなことができますか?
・その株を持っていた場合すぐに売却する
・空売りをかけて短期で儲ける

上昇した株は必ずと言っていいほど下がる傾向があります。私たちはなぜ株価が下がるかということをアンケートしたところ、たくさんの答えを頂きました。そして、私たちは株価が下がることの共通点を見出しそれを1営業日前に自前に知ることに成功したのです。この手法は外資系証券会社でトレードを行っていたファンドマネジャーが実際に日本株式市場で荒稼ぎした方法です。

 

なぜ株価は下がるのか?

– 国際情勢
– テーマの変化
– 地合い
– 悪材料
– 真実が出た時
– 買われ過ぎ。
– 高値圏での出来高急増
– 悪材料、海外の株の下げ
– 外資の空売り
– 短期線が中期線をデッドクロスする。
– 業績に激変がある。
– ゼンネ安値を切ったら
– 出来高が減少したら
– 信用買い比率が高い場合
– 急騰したら
– 時価総額が過大になった
– 業績が不調
– 業績の下方修正
– 無配・減配にする
– 不祥事など…
– キーワードはMACDが

どれも株価が下がる要因としては間違っておりませんね。ただ私たちが注目しているのは1日前にほぼ確実に分析できるかどうかということです。

 

テクニカル分析で下がる株はわかるのか?

よく投資塾などに行くとテクニカル分析であらゆるデータを融合した後、これから下がるであろうことを予測します。しかし、それで本当に下がることが予測できるのでしょうか?例えば、RSI「Relative Strength index」は過去の一定期間の株価に対してどれくらい乖離しているかというデータを元に分析しております。過去のデータに照らしあわせて株価が高い場合、買われすぎということでまた元に戻るということです。
しかし!
このような過去の平均データと今の価値は計り知れるのでしょうか?いいえ、関係がありません。何か新しい発表をしたり、注目を浴びた瞬間このような過去の株価データなどはまったく意味をなさないものとなります。トレンド系であるMACDや移動平均線、一目均衡表などもそうです。過去のデータを使って未来を予測するのは可能性はあるものの、再現性は極めて難しいといえるのです。もしかしたら、あなたもテクニカル分析を勉強して研究しトレードして思い通りに行かなかったという経験があるかもしれません。

 

株価の動きにSTOP!このタイミングを見つけろ!

株価が下がる要因はたくさんありますが、今回は予め調べればわかる簡単な方法をご紹介いたします。
・株価はなぜ下がるのか?
・なぜ1日前にそれを知ることができるのか?
その方法というのが、「増担保規制」です。増担保規制(ましたんぽきせい)とは急激に上がり続けた株に対して株価上昇を制御するために取引所が規制を行うものです。具体的には、その銘柄を信用取引で売買した場合、その3分の1の資金を元に売買できるのですが、増担保規制が入った場合それが売買価格の50%または70%などのように証拠金をさらに積み上げないと、取引ができないというものです。
このことにより、株価が高値にもかかわらず証拠金を多く用意できる人だけが売買できるため、少額の資金しか持っていない投資家が参加しづらい環境となります。

313d01fa

 

なぜ数日後に株価は下がるのか?

増担保規制が入った瞬間に株価が下がることがあります。絶対ではありません。例外もありますがその例外は後でお知らせいたします。急激に上昇した株に増担保規制が入った瞬間に、新規の信用取引をする投資家が一気に減ることからここを一旦の目安として利益確定売りをする人が多く増えるということです。そして、新規の買い付けする投資家が圧倒的に減り、売却をする人が増えるため圧倒的に売り優勢となり株価は下がることが非常に多いと言われます。つまり増担保規制が入ったあとの1日後またはその日から数日後にジリジリと株価が下がり続けるということがあります。

 

勢いが止まらないトレンド銘柄の見分け方

どんなに取引所が規制をかけたとしても株価がうなぎのぼりのように上昇し続ける可能性があります。日々公表銘柄、新規売禁止、増担保規制。圧倒的に将来的に価値を見出しそうな株は更に上昇し続けること間違えありません。そのため、例え1日前に増担保規制銘柄を見つけたとしても、ある条件に達した場合は下がることなく上昇する傾向にあります。それは、「ストップ高で終値を終えた場合」です。どんなに増担保規制の条件になったとしても、人気の止まらない株はそのまま上昇し続けます。つまり、増担保規制に入る前の銘柄であってもその日の終値がストップ高になるようであれば、次の日下がる可能性は低いということです。

 

空売りで稼いだ投資家

img_ed874ddb249431f8a4f2fb69f3f8a04a23240ある個人投資家である主婦の(仮)加藤まなみさんは、一日に一度だけパソコンを付けて株式トレードを行うトレーダーです。この増担保規制の銘柄を見つけた後に、空売りをする方法を見つけました。
通常の手法ではなくある一部のルートを活用して空売りをしたところ、連続して利益を出し続けることができました。短期間で利益を出し続けた投資法を確立した加藤まなみさんは現在は夫の年収を遥かに超える収入を株だけで得ているといいます。

 

魔法の分析方法を空売り戦略

下がる株をしり、空売りをかける。これがもしなんどもできたらあなたはどのような利益が出せるのでしょうか?きっと今まで想像もしていなかったような利益が舞い込んでくるかもしれませんね。

 

ここで無料プレゼントのお知らせです

アンケートにお応え頂いた方に、
①増担保規制銘柄を見つける方法と条件
②売禁止銘柄でも空売りできる方法
を無料でお知らせしたいと思います。

btn

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uztzzw

 

追伸:
この手法は元外資系証券会社でトレーディングをしていたトレーダーが密かに稼いでいた投資手法17のうちの一つです。あまり多くに公開されると同じことを繰り返す人が多くなるため効果が薄れる可能性があります。そのためこのページをある一定期間が過ぎた場合削除いたしますので、無料でタイミングを知りたい方は今すぐお申し込みください。

投稿日:

Copyright© SOUN , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.